修復歴ありの車はボルトの山を確かめる

修復歴ありの車はボルトの山を確かめる

修復歴ありの車はボルトの山を確かめる

基本骨格を修理・交換した修復歴ありの車を見分けるもっとも初歩的な方法は外観をよく見ることです。

どことははっきり分からないけれど歪(いびつ)なイメージを少しでも感じたら、ボディ全体をしっかりと観察してください。

たとえばボンネットとフェンダーの隙間が均一ではない、ドアを閉めた時にドアがほんの少しだけ下がっている、トランクとボディの隙間間隔が左右違っている、などと細かいところに車本来の姿とは違った違和感を覚えるはずです。

そういった車は修復歴ありの車である可能性が強いので、次にボンネットを開けて、フェンダーが取り付けてある部分、ラジエターを取り付けてある部分をチェックしましょう。

フェンダーを取り付けているモノコック部分はインサイドパネルと呼ばれる箇所で、ここを修理・交換するとボルトを外さなければなりません。

ボルトの山にレンチの跡がある、再塗装した形跡があり他のモノコック部分と色が違う、などといった点を発見したら修復歴を疑っていいでしょう。

ラジエターを取り付けているモノコック部分はラジエターコアサポートと呼ばれる箇所で、正面衝突を起こすと必ず、ここのモノコック部分が歪んでしまいます。

このコアサポートもインサイドパネルと同様、ボルトの山や塗装に気をつけてチェックしてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional